歩きでダイエット

正しいウォーキングでダイエット

ダイエットウォーキングフォーム

ウォーキングはダイエットに有効だとされていますが、続けていてもなかなか痩せられないという人は歩くときのフォームが正しくない可能性があります。ただダラダラと歩くだけでは消費カロリーも増えませんし、普段の姿勢も悪くなってしまうので逆に太って見られてしまうのです。正しいフォームは、しっかりと背筋を伸ばして下腹部に軽く力を入れて歩くことが基本です。両腕を前後にしっかりと振り、足は踵から着地してつま先で地面を蹴るように歩くことが大切です。目線はまっすぐ、遠くを見ながら歩くことによって姿勢が保たれますし、消費カロリーもアップするのでダイエット効果を得るできます。

ウォーキングをして細くなる

ダイエットするには様々な方法がありますが、その方法の一つにウォーキングがあります。これは有酸素運動なので、無理なく毎日誰でも継続して続けられる方法です。またいろんな景色を見ながらや、おしゃべりしながらでも行えるので、知らず知らずの内に足の筋肉が鍛えられています。ウォーキング後は体の血流がアップして体温が上がるので、脂肪を燃焼させて痩せやすい体にしていくことができます。ダイエットはただ辛く苦しいだけでなく楽しく続けられる方法で取り組むことで、リバウンドすることなく自分の希望する体系を維持していくことができるのです。

↑PAGE TOP